大輪ローズのフレームアレンジ

「プリザーブドフラワーの女王」とも呼び声高いプリザーブドフラワーブランド、ご存知ですか?
プリザーブドフラワーに触れている方は勿論ご存知かと思います。

プリザーブドフラワーの女王・・・アモロサ(AMOROSA)

触れてみると花弁の肉厚さと、ビロードのような質感に惹きこまれます。
ブルーミングキット(JPFA開花クラス参照)で開花すると、お花の大きさにびっくりします。
(余談ですが、ブルーミングが主流になる前から「開花」することに特化していたのも、アモロサ社です。
JPFAデザインクラスでも以前は専用のコットンで開花する技術をいち早く取り入れていました。)
開花したローズは、直径10cmを越えます。
そして、花弁も密になっているので、それほど大きく開いても隙間が気にならず・・・むしろ美しく映える。

とてもゴージャスなローズです。

お花一輪でゴージャスでエレガント・・・質が高いとなると、アレンジデザインも見合った洗練さが必要。
ことばを選ばずに言ってしまうと「野暮ったく」なりがちな面もあります。
そのデザインの特性は日本プリザーブドフラワー協会(JPFA)でも特化したコースが出来るほど。
→参考:JPFAデザインクラス

(と、協会コースをご案内しているのは、消費税増税前だからというのもあります(^_^;)
お悩みの方は増税前がおすすめです。というのはまた後日ご案内いたしますね。


全体のバランス、組み合わせ。
特にアモロサの高級感を損なわないようにデザインします。


横から見ても、この存在感!!
高級感を保つために敢えて、ローズとリーフのみを選びました。


リボンはMade in Japan の洗練さと美しさが魅力の「MOKUBA」のオーガンジーリボンを組み合わせています。
花材の魅力を引き立てる副資材選びって難しいですよね。

このフレームアレンジメントは
・素材の魅力
・シンプルな美しさ
を軸に置いています。どうですか?(^^)

こちらの「ドナウ」アレンジ、もちろんレディメイド(お色違い)のオーダーも承っております。

(画像参照:Amorosa)

また、レッスンも承っております。

気になる方はお問合せくださいませ。

レッスンスケジュール

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

グリーン/レッスン可能日
オレンジ/満席
レッド/定休日

⇓レッスンのご予約はこちらから⇓

フェアリールレッスンについてはこちらから。
オーダーはこちらから。
作品はInstagram
制作工程はFacebookにて更新中☆
LINE@はじめました(ID @ahf7354e)
→LINEポイントについてはこちらから。

レディメイドはこちらから↓

関連記事

  1. 2019年2月のレッスンスケジュールをアップしました

  2. あまったお花を使って、簡単リース作り!【動画】

  3. 2018年、今年もありがとうございました。

  4. アーティフィシャルフラワーって、なに?

  5. JPFAピックアップブロガー☆2019年1月2月

  6. 飛行機に乗って、、、ありがとうございます!

  7. 作ることを楽しむ

  8. おどるように装ったアレンジメント。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.08.29

    ◆オーダー◆