アーティフィシャルフラワーって、なに?

資材屋さんへ行き、秋色ダリアに一目ぼれしました。

ダリアを中心に、アーティフィシャルフラワーを選んで・・・
アトリエに戻ってからウェルカムフラワーつくり。

アーティフィシャルフラワーは、布やポリエステルで作られているため、
雨風にも強いので玄関にウェルカムフラワーとして飾るのにぴったりのお花です。
(お洋服と同じく、水や強い日光に当たり続けると変色しますが)


こちらのスワッグ、レッスン予定です(^^)
しばしお待ちください♡

さて。
アーティフィシャルフラワーって、どういうものかご存知ですか?
意外と名前は知っていてもわらからないと言う方、
いらっしゃるのではないでしょうか。

前述した通り、
アーティフィシャルフラワーは布やポリエステルで作られている、、、
つまりは造花です。

一般的な「造花」と何が違うかと言いますと。。。一言で言えば「クオリティ」。
造花の概念を覆すほどの、リアリティ。

例えば、造花は茎がワイヤーだけであったりしますが、
アーティフィシャルフラワーは茎や葉・つぼみ、
花部分だけでなく細部までも「生花」を模して造られています。

(問屋さんのお話によると、最終工程の「組立」は手仕事でひとつひとつ、
丁寧に行われているそうです。)

葉のグラデーションや葉脈、茎の質感
(毛羽立ったものは毛まで再現していますよ)もリアルなんです。

また、造花は映える、遠くからも目立つように
自然界のお花よりも色が濃いものが多いそうです。

アーティフィシャルフラワーは基本的に「生花」の細やかなグラデーション、
色合いを 表現しています。

(クリスマスなどにはキラキラしたアーティフィシャルフラワーも出回りますよ)


カラーの茎もリアルに模しているので、
このように「全体」を活かしてデザインすることが出来ます。

また、生花を加工し瑞々しさと繊細さが残るプリザーブドフラワーに対して
「耐久性」に優れているのでお外に飾ることが出来るのも魅力ですね。

また、お花部分だけだと軽いのもいいです。
もちろん、水やりは不要です。


ブーケトスのブーケや小さなお子様連れでの
セレモニーの時のコサージュ・お子様用の花冠や七五三飾りに、
アーティフィシャルフラワーを使われる方も多いです。

フェアリールでは主にMagiQブランドのアーティフィシャルフラワー
を使用しています。

理由は「リアル」「繊細」だから!


風の強い信州まつもとでも、玄関外のウェルカムリースとして
飾ることができる丈夫さも理由のひとつです。

アーティフィシャルフラワーのレッスン・オーダーも行っています。
お気軽にご相談くださいませ。

レッスンのご予約はこちらから。
オーダーはこちらから。
作品はInstagram
制作工程はFacebookにて更新中☆

 

 

関連記事

  1. 10月のレッスンスケジュールをアップしました。

  2. アーティフィシャルでつくる、秋色ウェルカムフラワー

  3. 色合わせも楽しむレッスン

  4. バラが咲き始めました。

  5. 出産祝いにおむつケーキの贈り物

  6. リニューアルしました!

  7. さわやかなイロドリの繊細なトピアリー

  8. 「最初は何を習えばいいの?」

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.08.29

    ◆オーダー◆