想いを繋げるやさしさのつながり

アーティフィシャルフラワーの仏花をオーダーいただきました。
アーティフィシャルフラワーってなに?はこちらから

遠方にお住いのお母さまが「お仏壇のお花を気にしているから」
と、ご相談にみえました。

偲ぶ気持ちを大切にされているお母さま。
そんなお母さまを想われているオーナーさま。

想う心の繋がりが、やさしいなと。染み入るオーダーでした。

実際の花器を片方お持ちいただいて、雰囲気や高さ、全体の大きさも調整。
お花合わせや途中経過をお写真で確認していただきながら、制作しました。


運びやすいように、ありがとうございますの気持ちを込めてラッピング。

お供えするお花は「対」で欲しいと、仰る方も少なくはありません。

また、いわゆる「造花」をお供えするのは・・・と仰る方も、いらっしゃいます。
生活の多様化、兎角忙しない現代社会。
それぞれの方の、ご家庭のご都合ももちろんあると思います。

それでも、今も昔も偲ぶ心、想う心は、美しく温かいなと感じます。
その心を表現する、今の時代の仏花。
これも「あり」だなと思いました。

大切なのは「心」。
そして想いは「気遣い」。

そんな優しさに触れることが出来る、オーダーでした。

レッスンのご予約はこちらから。
オーダーはこちらから。
作品はInstagram
制作工程はFacebookにて更新中☆

関連記事

  1. 意外と簡単!?セックとワイヤーで作るクリスマスツリー☆

  2. プリンセスブーケのレッスンでした。

  3. 6月ですね☆試作、試作、、、です。

  4. 伝統の縁起物を、意味を知ってつくる。

  5. 作ることを楽しむ

  6. 花材も楽しむレッスン

  7. 甘く可愛く、フロマージュ風オリジナルプリケーキ

  8. ホームページとブログとSNS