学びを活かして。セックブリックを使わないリース

先日Fairielテクニカルコース・クレッセントスワッグをご受講くださいましたMさんの作品のご紹介です。

学びを形に落とし、活かしてアレンジメントを作ってくださるMさん。

テクニカルコースは、ぜひとも復習を兼ねて作ってみてほしいな・・・
と願っていました。

ところが!

願いのさらに上を行く「学びに応用をきかせた」アレンジメントを
作ってきてくださいました☆


グリーンとホワイトのローズに、グラデーションカラーの「ソルティライム」が
いい味のアレンジメント。

クレッセントスワッグを学ばれ
ご自分で応用をきかせて「リース」を仕上げて来て下さいました!

全体のボリュームのバランスも美しく
なおかつ「透け感」もあり、風を感じられそうなリースです。


アジサイやカーネーションの工夫もいいですね~。

セック(土台)を使わずリースを「組む」のは、本当に難しいのですが・・・

お花とお花でカーブにしたら隙間が空いたり、詰まったり。
それこそ「まるく」ならなかったり。

拝見した瞬間に「おお~~!」と感嘆の息がもれるほどでした。
素晴らしいです。

Mさんの作品をご紹介すると、
色使いに目を奪われる方も多いのですが・・・

今回も、ですね(^^)

関連記事

  1. アーティフィシャルフラワーって、なに?

  2. 飛行機に乗って、、、ありがとうございます!

  3. リメイク☆夏の憧れを込めたガゼボアレンジ

  4. 粘着力が強いテープを切るなら、このコ。

  5. 爽やかで可愛い・・・組んでつくるスワッグ

  6. オーダーを頂いてから、どうするの?

  7. 開花とフォルムが美しいオリジナル作品

  8. プリンセスブーケのレッスンでした。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.11.12

    好奇心。の旅
  2. 2018.10.24

    ケルトリース
  1. 2018.08.29

    ◆オーダー◆